1. HOME
  2. 皇居外苑
  3. 二重橋

スポンサードリンク

二重橋

二重橋は皇居前広場から正門を経て宮殿に至る二重濠に架かるふたつの橋の総称と云われています。

手前の橋は正門石橋(せいもんいしばし)奥の橋は正門鉄橋(せいもんてつばし)と称され、環境省では奥の橋、正門鉄橋を二重橋としている。が、ニュースなど報道では手前の正門石橋を二重橋としていました。

二重橋・手前の正門石橋の写真 ■二重橋・手前の正門石橋

正門石橋、正門鉄橋のある正門は、新年の一般参賀や外国賓客(ひんきゃく)の皇居訪問など宮中の公式行事のみに使用されます。

二重橋の手前の正門石橋は洋式石造橋で、都内で現存する2番目に古い橋です。正門石橋が初架されたのは江戸時代。西の丸大手橋と称され、木橋が架けられていました。

二重橋・手前の正門石橋の写真 ■二重橋・手前の正門石橋

明治20年(1887)江戸城に明治宮殿が造営される際に、木橋から石橋に改架し、橋名も正門石橋と改称された。正門石橋は円弧のアーチをふたつ並べた眼鏡橋で、欄干は青銅製の美しい装飾が施されています。

正門石橋の高欄の親柱上に設置された製造鋳造飾電燈は、近代以前のバロック様式であり、登録有形文化財に指定されています。

二重橋・手前の正門石橋の写真 ■二重橋・手前の正門石橋

奥に架かる正門鉄橋が二重橋と称されるのは、鉄橋を支える橋桁(はしげた)が二重構造になっていることに由来しています。

正門鉄橋の初架は、江戸時代の西の丸改修工事時で西の丸下乗橋と称されていた。明治21年(1888)に木橋から鉄橋に改架し、橋名も正門鉄橋と改称されいます。

二重橋・奥の正門鉄橋写真 ■二重橋・二重橋・奥の正門鉄橋

正門石橋、正門鉄橋から眺望できる伏見櫓(ふしみやぐら)は、3代将軍徳川家光が京の伏見城から移築したと云われています。月見櫓の別称があり、外観が美しさだけではなく関東大震災にも損傷がなかった堅牢な櫓です。

皇居外苑の関連ページ

区分名称よみ
皇居
外苑
楠正成像(楠木正成像)くすのきまさしげぞう
皇居
外苑
日比谷濠ひびやぼり
皇居
外苑
馬場先濠ばばさきぼり
皇居
外苑
凱旋濠がいせんぼり
皇居
外苑
桜田門さくらだもん
皇居
外苑
二重橋にじゅうばし
皇居
外苑
坂下門さかしたもん
皇居
外苑
桔梗門ききょうもん
皇居
外苑
和田倉噴水公園わだくらふんすいこうえん
皇居
外苑
皇居前広場こうきょなえびろば

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.