1. HOME
  2. 皇居外苑
  3. 凱旋濠

スポンサードリンク

凱旋濠

凱旋濠は東側の祝田橋と西側の桜田門の間にあります。晴海通りと内堀通りが交差する祝田橋交差点と桜田通りと晴海通りが交差する桜田門交差点間で、凱旋濠の地下には、東京メトロ有楽町線が走っている。

桜田門から凱旋濠を望む写真 ■桜田門から凱旋濠を望む

祝田橋から凱旋濠を右手に桜田門に向かって歩くと左手側は霞ヶ関中央官庁が並ぶ。

中央合同庁舎第6号館A棟、法曹会館、法務省赤れんが棟(3棟共、所在地は霞ヶ関1丁目1−1)と続き、桜田通りを渡ると警視庁です。

中央合同庁舎第6号館A棟は平成2年(1990)に竣工された。

地上21階の建物の内には、法務省、最高検察庁、公安調査庁、東京高等検察庁などが入っている。

凱旋濠から桜田門を望む写真 ■凱旋濠から桜田門を望む

法曹会館は、財団法人法曹会が司法界の社交場として昭和11年(1935に)竣工した。

尖塔(せんとう)屋根や正面玄関にはめ込まれたステンドグラス、瀟洒な車寄などが特徴の倶楽部建築です。

現在は結婚式場、バンケットルームが利用できる。

法務省赤れんが棟は、明治21年(1888)に竣工されたドイツネオバロック様式の旧司法省庁舎です。

大正12年(1923)の関東大震災、昭和20年(1945)の東京大空襲の被災を経て、昭和25年(1950)法務省本館となった。

平成6年(1994)に赤れんがの外壁など外観が復元され、法務総合研究所及び法務図書館となった。同年12月国の重要文化財に指定された。

銀座の柳三世説明写真 ■銀座の柳三世説明

この柳は、昭和43年(1968)に銀座通りから姿を消した銀座の柳です。

銀座の柳の枝を挿し木として二世柳を育て、さらにこの二世を挿し木して三世柳として育てられた。

椎葉一二氏、勝又康雄氏が寄贈されました。

銀座の柳三世の写真 ■銀座の柳三世

凱旋濠側の歩道には花の輪案内が設置され「ユリノキ」「銀座の柳」の二世と三世が植樹されています。

ユリノキ(モクレン科)は、はんてん形の葉をしたこの木は春に蜜のたくさん入ったチューリップそっくりの形の花を開きます。

皇居外苑の関連ページ

区分名称よみ
皇居
外苑
楠正成像(楠木正成像)くすのきまさしげぞう
皇居
外苑
日比谷濠ひびやぼり
皇居
外苑
馬場先濠ばばさきぼり
皇居
外苑
凱旋濠がいせんぼり
皇居
外苑
桜田門さくらだもん
皇居
外苑
二重橋にじゅうばし
皇居
外苑
坂下門さかしたもん
皇居
外苑
桔梗門ききょうもん
皇居
外苑
和田倉噴水公園わだくらふんすいこうえん
皇居
外苑
皇居前広場こうきょなえびろば

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.