1. HOME
  2. 皇居外苑
  3. 日比谷濠

スポンサードリンク

日比谷濠

日比谷濠は江戸城内濠の一部。皇居外苑公園の祝田橋(いわいだばし)から馬場先門(ばばさきもん)までの濠です。近くには帝国劇場や日比谷公園があります。

日比谷濠の写真1 祝田橋は明治39年(1906)に初架された土橋。皇居外苑南側から霞ヶ関一丁目と日比谷公園間に架かる。

祝田橋の名は、日露戦争勝利凱旋記念に由来しています。祝田橋の西岸は凱旋濠、東岸は日比谷濠。

馬場先門は日比谷門と和田倉門の間にあり不開門(あかずのもん)と称されていた。日露戦争後、明治39年(1906)に馬場先濠は埋め立てられ、馬場先門は撤去された。現在は、石垣の一部が残存しています。

日比谷濠の写真2 日比谷濠は、徳川家康が江戸入府時には日比谷入江と称される海岸線でした。

神田山の切り崩しによる土と桜田濠(半蔵門〜桜田門)の開削時の土で、日比谷入江は埋め立てられた。埋め立てられた日比谷入江の名残が日比谷濠です。

江戸時代の日比谷濠には、江戸城の内郭にある門のひとつ日比谷門には、三十六見附のひとつ日比谷見附(ひびやみつけ)が置かれていました。

日比谷濠の写真3 見附(みつけ)は江戸城を外敵から守るための監視所の役目をしていた。濠に面した城門は、升形(ますがた)の小さな広場が設けられ、不審者の侵入を阻止していたのです。

枡形のある濠に面した城門を見附と称していた。日比谷門、日比谷見附は、隅田川(大川)側の外濠から渦巻き状に三十六見附を数えると24番目にあたります。

日比谷濠の写真4 現在の日比谷濠の東側は日比谷通りを挟んで帝国劇場、丸の内署が並び、日比谷濠南側、晴海通りを挟んで日比谷公園があります。

皇居外苑の関連ページ

区分名称よみ
皇居
外苑
楠正成像(楠木正成像)くすのきまさしげぞう
皇居
外苑
日比谷濠ひびやぼり
皇居
外苑
馬場先濠ばばさきぼり
皇居
外苑
凱旋濠がいせんぼり
皇居
外苑
桜田門さくらだもん
皇居
外苑
二重橋にじゅうばし
皇居
外苑
坂下門さかしたもん
皇居
外苑
桔梗門ききょうもん
皇居
外苑
和田倉噴水公園わだくらふんすいこうえん
皇居
外苑
皇居前広場こうきょなえびろば

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.